エラ削りの方法について

施術後は

できるだけ腫れを抑えるためにも、大抵の病院ではフェイスバンテージという名のフェイスマスクが用意されており、それを装着して過ごすことになります。
どれくらい腫れが続くか個人差はあります。
できれば長期休暇が取れるような時期を選んで施術をした方がよいでしょう。
口の中を切っているためしばらくは食事は柔らかいものを、刺激物は避けましょう。
腫れている間は入浴は避けた方がよいですが、シャワーや洗髪・洗顔は普通にやっても大丈夫です。
それぞれの病院ごとにアフターケアやダウンタイムの過ごし方についての説明があるはずです。
きちんと守ってトラブルが起こらないよう注意してください。
美容整形を行うのは若い方が多いですが、エラ削りの場合は特に若ければ若い方がおすすめです。
なぜなら今まで支えていた骨がなくなるためたるみが生じる可能性が高いからです。
若いと修復力も高く・お肌もぴんと張っているためたるみにくいです。
とはいえ、どの程度まで削るかによっても違うため一概には言えません。
とはいえ、大変な施術となるため回復力の早いうちに行い、コンプレックスを早く解消させるほうがよいのかもしれません。

安さだけで病院を選ぶのは危険 | エラ削りの施術方法 | 施術後は

エラ削りエラ削り整形術っていくらかかる?費用目安を調査