エラ削りの方法について

安さだけで病院を選ぶのは危険

エラの張ったベース顔。
歯科学的には硬いものを咀嚼できる立派な骨格構成でよいのでしょうが、今の時代に合っているとはいえません。
どうしても顔が大きくて男っぽい印象を与えてしまうため、もっとフェイスラインをすっきりさせたい・小顔になりたい・優しくて柔らかな印象になりたいと、髪の毛でエラ部分を隠したりメイク方法を変えたりと皆、努力しているはずです。
とはいえ、元々の骨格を完全にごまかすことはむずかしいでしょう。
おすすめは邪魔なエラを削り取ってしまうこと。
エラ削りは輪郭形成の中でも顎削りの次に多い手術法の一つです。
とはいえ、ただ単にエラの骨を削り取るだけでなく、顎の先端からエラまでを美しいフェイスラインに変えるよう施術しなければならないため、理想の姿を得るためには何件もの症例を取り扱ってきた名医にお願いするのが一番です。
事前にシミュレーションなどを行い、医師としっかり話し合いましょう。
削り取るという方法のため、もしも削りすぎた場合に元に戻すことはできません。
それにその周辺にはいくつもの神経が通っています。
場合によっては神経麻痺など起こる危険性もあります。
もしもこのような事態が起きた場合、修正手術は容易なものではありません。
多くの人々が受けている施術だからといって安易に考えて安さだけで病院を選ぶのは危険なのです。
自身でもある程度の知識は身につけておくべきです。

安さだけで病院を選ぶのは危険 | エラ削りの施術方法 | 施術後は